2011年12月12日月曜日

やりなおし

今年も残すところあと僅か。
やることいっぱいでチョイ焦ってます。

まだまだ冬本番って気温ではありませんが、
降ればみぞれ〜雪になりました。
根雪になるほどは降らないので多くてこのぐらい。




秋に作ったベルクロの靴でしたが、
オーナーさんは高齢で体重も軽く筋力も弱い、歩幅も狭いなど、
実際使用して頂いたらしっくりこないということで、
全部作り直すことにしました。

サイズフィット感どうこうというよりは、
材料の選定がマッチしなかったのが原因。
 どうしてもしっかりしたものを作りたくなってしまうんですが、
ときにはやんわり、ふんわりも必要なんですね。
今度は大丈夫だったようです。
またひとつ勉強になりました。

2011年12月6日火曜日

ビルケンシュトック ボストンの修理

もうすぐ10年になる自分愛用のボストン/トープ


修理しようしようと思いつつ、こんなになるまで使ってしまいました。

今までカカト修理1回、オールソール1回、中敷洗浄実験1回のがんばり屋さんです。
中敷のロゴは洗浄のせいで無くなってます、、、

カカトのコルクは前回コーティング処理はしていたものの、
メンテもせずヘビーに使っていたので割れてボロボロ。


ソールを剥がしたところ。
カカト付近のコルクがモロくなっているけど状態はまずまず良好。

コルクの補充と割れたところの補修、オールソール交換で完了。
クリーニングはまた次回ということで何もせず、、、

オリジナルは茶ソールですが、今回は黒にしました。
また当分頑張ってくれそうです。

リフレッシュしたものを履いてみると予想外に?カカトにすごい違和感。
減っていて無くなっていたものが元通りになった為の突き上げ。
まあこれが本当のニュートラルポジションだった訳なので、
どれだけ傾いて歩いていたかを再認識。
気付かずに身体に負担をかけてしまっていたんでしょうね。
次回はもっと早めに修理しないといけませんね。反省(^▽^;)